2018年02月24日

乾燥した唇のケアはリップバーム!リップバームの選び方簡単まとめ

リップバームはどんな商品がいいの?リップバームって?

唇は、もっとも女性らしさが出るパーツの1つ。たらこ唇や薄い唇は美容整形で治療が可能ですが、リップクリームなどを使っても唇がカサカサになる・荒れてしまう場合は正直どうすればいいか分からないですよね?

唇が年中カサカサに乾燥していたり、荒れているのがコンプレックスに感じている方は少なくありません。唇がカサカサに乾燥している女性というのは男性から魅力的に見られないため、とある調査では彼氏ができにくかったり、なんと恋愛運を下げてしまうという結果があるのだとか!

これの真偽はさておいて、唇がカサカサだと女性としての魅力に悪い影響を及ぼしてしまうのは間違いないようです。ただ、もしかしたらリップクリームではなく「リップバーム」というアイテムならば唇の荒れを何とかできるかもしれません!リップバームって何?と思われた方にもわかりやすいように、リップバームについて説明をさせていただきます。

様々な唇のトラブルに対応できるリップバームって?

リップバームとは、リップアイテムの1つであり唇の保湿をしてくれます。リップクリームとどう違うの?と思われるかもしれませんが、リップクリームはスティック状のもの・リップバームは缶などに入っているものというカンジの違いです。
ではなぜリップクリームを塗ると荒れる方にリップバームを勧めるのかというと、リップクリームの場合スティック状に固められているため、何度も塗る際に唇を摩擦して傷つけてしまうことがあるのだとか。リップバームの場合は柔らかいテクスチャなので優しく唇に使うことができ、刺激に弱くてすぐに荒れてしまうという唇にも使えるという訳です。

リップバームはヒアルロン酸・ワセリン・シアバター・オリーブオイルなどの高保湿成分が入っているものを選ぶとしっかりと保湿ができるようです。
ほかにも、ひび割れがひどい唇は「アラントイン」、炎症を起こしている唇は「ビタミンB6」、血行が悪くなんだか青い唇は「ビタミンE誘導体」といった成分が含まれたリップバームを選ぶことで、それぞれの荒れた唇を解消することができます。

様々なランキングサイトでランクイン!リップバームのおすすめの商品

逆に、スースーとする成分のメントールや、日焼け止め成分が入っているリップバームは唇を荒れさせてしまう方もいらっしゃるようなので、弱いという方は避けた方がいいかもしれません。多くの女性が化粧品やコスメを購入する際によく参考にされるのが口コミやランキングですが、

  1. ヒアルロン酸やワセリンなど、高保湿成分が含まれたものを選ぶこと。
  2. ひび割れや血行不良など悩みに合わせて選ぶこと。
  3. 唇が弱い方は日焼け止めやメントール成分が入っている物は避ける。

この3つの項目に沿っており、なおかつ様々なランキングサイトで上位にランクインしている商品を調べさせていただきました!そちらの商品を紹介させていただきます。

ニベア クリームケア リップバーム はちみつの香り

1つはハンドクリームで有名なニベア商品である、花王株式会社の「ニベア クリームケア リップバーム はちみつの香り」です。これには高保湿成分であるワセリンのほかにローヤルゼリーエキスなどで唇をしっかりと潤わせてくれる上に、その潤った状態をキープしてくれるという優れものです。さらに血行促進や炎症を抑える成分も入っており、お得です。1個で大体500円前後で購入することができます。

ユニリーバ・ジャパン ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー

もう1つは、特に敏感肌だという方に向けたもの。ユニリーバ・ジャパンの「ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー」です。これは唇以外にも乾燥が気になる手やかかとにも使うことが可能な万能アイテムであり、無香料・無着色・防腐剤無添加なので肌が弱い方や赤ちゃんにも安心して使うことができます。
料金は300円から400円前後で購入することができます。