2018年07月22日

デリケートゾーンのかゆみ対策!原因はかぶれやむれ、感染症まで!?

何故かデリケートゾーンが痒くてたまらない!我慢できずに掻きむしってしまい痛くてたまらない…。それでも病院に行くのって恥ずかしいし対応に困る…。とりあえず応急処置としてオロナインで済ませよう。こういう処置を行う女性って実は案外多いようです。実はデリケートゾーンはすぐかぶれたり痒くなりやすかったりするため、2人に1人はデリケートゾーンの痒みに悩んでいるという話があるようです。
誰もが悩んでいるデリケートゾーンのコト、でも内容が内容なだけに誰かに気軽に相談するのもちょっとイヤですよね?こういった時、一体どの病院に行くといいのでしょうか?どんな原因が考えられるのでしょうか?今回は、そういった内容についてまとめさせていただきます。

デリケートゾーンが痒くなる原因:むれやかぶれ

デリケートゾーンがかゆくなる原因として、下記のような原因が考えられるようです。

  • おりものや尿の拭き残し、汗などによるむれ。
  • ナプキンやタンポンなどによるかぶれ。
  • 月経周期などによるホルモンバランスの乱れ。
  • 下着やストッキング、パンツなどによる締め付けや擦れ。

この中でも特に多いのがむれやおりもの、ナプキンなどによるかぶれが特に起こりやすいのだとか。特に夏場はムレやすく湿度や気温が高い日が続く季節。そのため雑菌が繁殖しやすく、平時よりもデリケートゾーンが痒くなりやすい時期だといえるようです。
また、さらに月経前はデリケートゾーンが痒くなってしまうという方も多いようです。これは何故かというと、月経前はおりものの分泌量が増える時期でもあります。そのため、デリケートゾーン周辺の湿度が高くなりやすくムレてしまうようです。加えて、このときは免疫力が低下してデリケートゾーンの皮膚が敏感になってしまうのだとか。こういった要因も原因の1つとなり、デリケートゾーンが痒くなりやすくなるようです。

そしてデリケートゾーンの皮膚が敏感になっている時期になってすぐ月経がはじまります。そのためナプキンやタンポンを使うことで痒みに加えて摩擦が加わり、より痒くなったりヒリヒリとした痛みが始まることも。こういった状態になっているとすでにデリケートゾーンが赤く炎症をおこし、腫れている可能性があります。こうなると雑菌が繁殖しやすい状態になっているため、早めに病院に行った方がいいのかもしれません。

また、月経が毎月訪れなくなった…いわゆる閉経をした方もデリケートゾーンが痒くなるという事態は起きてしまいます。これは閉経によるホルモン分泌量が低下し、おりものが減少したりおりものに変化が出ることでデリケートゾーンが乾燥したり痒くなる『萎縮性膣炎』というものも起きるようです。

デリケートゾーンが痒くなる原因:感染症

ただ、デリケートゾーンの痒みの原因はこれだけではないみたい。性器の痒みもたらすものは他にも、細菌やウイルス、加えて原虫といった場合もあるようです!こういった感染症が原因である場合もあるみたい。
感染症というと、性行為が原因というイメージがありますが、どうやらそれだけではないみたい。感染症の場合による痒みは、以下のような原因があげられるようです。

ケジラミ

ケジラミによるかゆみは、男女関係なく起きるようで強いかゆいが出てきます。この感染症に悩んでいる方も少なくはないようです。ケジラミは吸血性の昆虫が寄生する事で起きてしまうのだとか。この場合、性行為による感染症に加えて、ケジラミに寄生されている方が使っているタオルや布団の共有もまた、感染の原因となるみたいです。

膣トリコモナス症

トリコモナスという原虫が原因で、デリケートゾーンが痒みを伴うようです。これは性行為が原因で感染し、時には立っていることが難しいほど痒くなるみたい。また、黄色や黄緑色で泡が立っていて嫌な臭いがするおりものがたっぷりとでるのだとか。

性器カンジダ症

カビの一種が原因でデリケートゾーンが痒くなってしまう感染症となります。ただ、この菌はもともと膣内や腸管で保持している常在菌なのだとか。その為、普段元気な時は大丈夫なのですが、性行為に加えて免疫力が落ちている妊婦さん、風邪などひいている方が性器カンジダ症を引き起こし、かゆみを伴うことがあるようです。

白癬症

水虫の原因にもなるカビの一種が感染してかゆみを伴うようです。この感染症の場合、デリケートゾーン以外にも太ももにも湿疹が起きている可能性があるのだとか。

細菌性膣症

細菌性膣症では、大腸菌やブドウ球菌といった雑菌が膣に炎症を引き起こし、かゆみを伴わせる症状のようです。

デリケートゾーンが痒くなる原因

・デリケートゾーンは2人に1人が痒くなった経験がある。
・原因で特に多いのがむれやおりもの、ナプキンなどによるかぶれ。
・月経前は、免疫力が低下してデリケートゾーンの皮膚が敏感になってしまう。
・細菌やウイルス、原虫や性行為が原因という感染症の場合もある。


このように、デリケートゾーンの痒みと言っても理由は様々、かぶれ・むれといったところから病気の可能性もあるみたい。そのため、かゆみが出てきたなら婦人科皮膚科を受診した方がいいかもしれません。また、むれによる痒みを抑えるために デリケートゾーンの医療脱毛を受けていると症状の予防が軽くなるようです。