2018年07月22日

コーヒーはダイエットに最適!7つの効果と飲みすぎによる副作用

健康のプロである医師が健康のために取るように心がけているものとして、コーヒーの名前が上がっているようです。コーヒーが好きで仕事中や休日にコーヒーをよく飲むという方も多いかと思います。ほぼ毎日コーヒーを飲んでいるという方も少なくないようですが、「コーヒーは眠る前に飲んでしまったら寝付けなくなってしまう」という話も有名です。きちんと睡眠をとることは万病を抑制するために必要なのは誰だって知っている情報ですよね?

こんなにもたくさんの情報があると『コーヒーって結局身体にいいの?悪いの?』と頭を悩ませてしまうのも無理はありません。そこで今回は、コーヒーが好きな方なら知っておくと便利な、コーヒーの効果とデメリットについてまとめさせていただきます。

コーヒーが持つ7つの効果!ダイエット以外にもこんなにメリットがある!


コーヒーには一体どんなメリットがあるのか。コーヒーの主なメリットについてまとめさせていただきました。コーヒーのメリットを簡単にまとめると、下記のようになります。

  1. ダイエット効果がある
  2. 脂肪肝を抑制してくれる
  3. リラックス効果がある・うつ病予防に効果的
  4. アンチエイジング効果がある
  5. 脳の活性化で覚醒・集中力が上がる
  6. 二日酔いに効果的
  7. 糖尿病を予防する

コーヒーの効果その1:ダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインはダイエットに効果を発揮してくれます。カフェインは脂肪の分解を促進させ交感神経を刺激することでエネルギー消費量が高くなり脂肪燃焼効果を促進し、加えて新陳代謝を活発にしてくれます。その為、コーヒーを1時間ほど前に飲み運動を行えばより効率的に脂肪を燃焼出来てダイエットが成功しやすくなるようです。

コーヒーの効果その2:脂肪肝を抑制してくれる

ダイエット効果の話にもつながりますが、脂肪肝を抑制するという働きがあります。脂肪肝とは肝臓に食事から摂取した糖質や脂質を元にして体内で作られた脂肪である中性脂肪が肝臓に蓄積した状態を指します。
運動不足や不規則な生活が続くと脂肪肝になりやすく、肥満に加えて心筋梗塞や狭心症、脳梗塞といった血管が原因となる疾患にかかりやすくなるようです。コーヒーを1日3杯ほど飲むことで、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞を呼ぶ脂肪肝になりにくくなるのだとか。

加えて、肝不全や肝臓がんなど肝臓の病気の総称である“肝硬変”を避けることができます。

コーヒーのメリットその3:リラックス効果とうつ病予防

コーヒーの香りはリラックス効果があるとされています。確かにコーヒーのCMではコーヒーの香りをかいでホッと一息ついている映像が流れてきますよね?コーヒーには様々な香り成分が入っていてあの独特の香ばしい香りを演出してるようです。そしてコーヒーの香りをかいだ人間は「α波」が出ます。このα波は人がリラックスをしたときのみに出るもので、コーヒーの香りをかいでα波が出ているということは、コーヒーの香りにはリラックス効果があるということになります。

また、リラックス効果があるためにコーヒーを飲むことでうつ病の発症率を下げることができるとされているようです。1日にコーヒーを3倍ほど飲む方は、飲まない方に比べて1割以上うつ病の発症率を下げることができていることが調査結果で明らかになったのだとか!

コーヒーの効果その4:アンチエイジング効果

コーヒーには抗酸化作用があり、老けにくい体を作る力を持っています。人間の身体はもの同様に参加しさびてしまいます。吸い込んだ酸素の一部が正常な細胞を傷つけてしまう活性酸素を作ってしまい、この活性酸素がシミやしわ・動脈硬化の原因にもつながってしまうようです。
そのため、こういったことを防ぐために体の酸化を防ぐことができる抗酸化物質を手にすることが大切となるようです。

抗酸化物質を摂取するには果物や野菜の名前が上がりますが、コーヒーのほうが抗酸化物質が多くアンチエイジング効果が高いとされているのだとか。

コーヒーの効果その5:活性化で覚醒・集中力が上がる

コーヒーにはリラックス効果がありますがそれに加えて脳の働きを活性化させ集中力を上げたり目を覚ましたりします。コーヒーに含まれるカフェインは眠気を吹き飛ばし集中力を上げてくれます。
会議の前や何かしらの膨大な情報を収集する際にコーヒーを飲むことで、脳の動きが活性化し集中力が上がるという情報もあげられているようです。

コーヒーの効果その6:二日酔い改善

お酒を飲んだ後に訪れる二日酔いに悩んでいるという方は、コーヒーで改善することができるようです。二日酔いの原因として「アセトアルデヒド」という成分があるのですが、コーヒーに含まれるカフェインは、この「アセトアルデヒド」を尿として外に追い出し血行を良くするという効果を持っています。
二日酔いが原因で具合が悪い・頭痛がするといった症状に悩まされている方は、コーヒーを飲めば回復することができるとされているようです。

コーヒーの効果その7:糖尿病予防

肥満や生活習慣病が原因でどんどん増えてきている糖尿病患者。太っている方だけではなく、痩せている方も糖尿病のリスクが充分に考えられます。しかし、コーヒーを1日に3杯ほど飲むことで糖尿病のリスクを下げられることがシドニーの大学で発表されたのだとか。
これについてはまだよくわかっていないことも多いようですが、脂肪燃焼効果が関係しているのではないかという味方があるようです。

コーヒーを飲みすぎることによる副作用とは?副作用を避けるためには時間が大事!?


しかしコーヒーには、ワキガや口臭などの体臭が悪くなる、夜に飲めば睡眠妨害、空腹時に飲めば胃が荒れる、コーヒーのタンニンが鉄分吸収を阻害し、貧血を呼んだりします。また、カフェイン中毒もありますから、コーヒーからの効果を得るためコーヒーの飲みすぎは避けた方がいいということになるようです。また、コーヒーは妊娠中に飲みすぎると、どうやら流産や死産の可能性があるみたいです。また、胎児の成長を妨げる可能性もあるのだとか。だからこそ、妊娠中にカフェインは避けるようにと言われているみたいですね?

また、調べてみるとコーヒーの様々な効果を得るためには1日3杯がちょうどいいみたい。また、午後に飲んでしまえばカフェインの覚醒効果で眠れなくなってしまいますから、むしろ朝に3杯と考えるといいのかもしれません。
目覚めに1杯、午前中の仕事や家事の途中で2杯といったカンジがベストかもしれませんね?

コーヒーの効果と副作用まとめ

・健康のプロである医師が健康のために取るように心がけているのがコーヒー。
・コーヒーには糖尿病予防やうつ病予防などの効果がある。
・コーヒーを飲みすぎると口臭などの副作用がある。
・1日3杯のコーヒーを、午前中に飲むと良い。


どんな食べ物、飲み物も飲みすぎると害になります。しかし適度を守れば体に良い恩恵を与えてくれます。1日3杯のコーヒーを午前中に飲む。これを毎日行うことで身体の老化を抑制したり