2018年02月24日

ヘアケアのおすすめ方法!美しい髪のための簡単ヘアケアとは?

美しい髪を保つためのオススメのヘアケア方法とは?

髪は女の命とよく言います。そういう言葉があるくらい女性にとって美しい髪は美人の条件の一つですよね?髪はすぐパサついて広がってしまったり、うるおった髪には程遠かったりしてなかなか悩みは消えたりしないもの。そこで今回は、オススメのヘアケアの方法について調べてみました。美しい髪を手に入れるため、どのようなヘアケアを行ったらいいのでしょう?

髪に縮毛やパーマ、カラーなどを行っていったら髪が痛んでゆく原因の1つであることは有名ですが、このうち1つもやっていないという女性の方が少ないかもしれません。特にカラーは大人になったら誰もがしたことがあるのではないでしょうか?さらにカラーやパーマは1度で終わらず数カ月に1回という周期で行ってゆきますから余計に髪が痛みやすくなってしまいます。だからこそ、毎日のしっかりとしたヘアケアが髪を美しく保つために大切となってゆきます。
ヘアケアというとシャンプーやトリートメント、ドライヤーなどがありますよね?髪を洗ったりドライヤーをかけるのは毎日のことではありますが、やっぱりコツはあるのでしょうか?美しい髪を保つためのシャンプーの仕方やトリートメントの付け方、ヘアオイルの付け方やドライヤーのかけ方を調べさせていただきました。ヘアケアをしっかりと行うことは髪の健康だけではなく抜毛や薄毛の防止にもつながります。

おすすめ:抜毛対策のシャンプー方法(BuzzooKa!)

ヘアケアはどうすればいい?簡単にできるヘアケア方法


では、どのようにヘアケアを行っていくのでしょう?シャンプーの仕方・トリートメントの仕方、ヘアオイルの使い方、ドライヤーのかけ方の4つに分けてお話をさせていただきます。

シャンプーの仕方

  1. ブラッシング:シャンプーをする前に髪をブラッシングしておくことで洗いやすくなり汚れも落としやすくなります。
  2. 前洗い:シャンプーを行う前に髪を濡らすでしょうが、濡らすだけではなく水だけの状態でもしっかりと洗っておくことで、あらかじめ髪や頭皮の汚れを落とすことができ、シャンプーも泡立ちやすくなります。
  3. シャンプーで洗う:シャンプーはまず手に取っておいてあらかじめ泡立て、爪ではなく指の腹で優しくマッサージをするように洗ってゆきます。
  4. しっかりすすぐ:シャンプーの洗い残しがあるとニキビの原因になってしまうため、うなじや髪の生え際、耳の後ろなどもぬるま湯でしっかり洗い流します。

トリートメントの仕方

洗い流すトリートメントの使い方をご紹介いたします。トリートメントとリンス、コンディショナーの違いをご存知でしょうか?リンスは髪の表面をコーティングしてキューティクルの痛みをきれいにする効果があります。コンディショナーはリンスとほぼ同じですが、リンスより効果はあるとされているようです。トリートメントはリンスやコンディショナーのように外側からキューティクルを整えるという働きもありますが内側から髪を補修する働きも持っています。

そのため、リンスとトリートメント、コンディショナーのどれがいいかと言われると基本的にはトリートメントを使用してヘアケアを行っていくことが望ましいようです。

  1. 水気をとる:シャンプーをした後はトリートメントをする前に軽くタオルドライを行って水気をしっかりと取っておくと、トリートメントがよくなじむようになります。
  2. トリートメントをつける:トリートメントを手のひらに広げた後、毛先にまんべんなくなじませてゆきます。
  3. すこし時間を置く:トリートメントをなじませた後は、蒸しタオルなどを頭に巻いて10分ほどそのままにしておくといいのだとか。
  4. 洗い流す:シャンプー同様、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流します。

ヘアオイルの使い方

ヘアオイルはドライヤーをする前に使用することで、髪にうるおいを与えてしっとりサラサラの髪を手に入れることができるようになります。髪が広がるという悩みを持っている方には是非使ってほしいヘアケアアイテムとなります。

  1. 水気を取る:濡れた髪をタオルドライで乾かして、髪の水分をしっかりとふき取ります。
  2. オイルをなじませる:1~3滴ほどを手のひらに広げた後、手ぐしでとくようにオイルをつけてゆきます。手のひらに広げる際、両手を合わせて指を絡ませれば指の間にオイルが入って、均等にヘアオイルを髪に広げることができます。
  3. ドライヤーをかける:ヘアオイルを使用した後、ドライヤーをかけます。ヘアオイルをドライヤー前につけておくことでドライヤーの熱から髪を守ります。

ドライヤーのかけ方

濡れた髪をそのままにしておいてしまうと、髪が痛むだけではなくニオイの原因や抜毛、薄毛の原因にもつながってしまいます。そのためドライヤーをかける必要性がありますが、ドライヤーの熱を当てすぎてしまうとそれも痛みの原因になってしまいます。なのでうまくドライヤーをかける必要性があるようです。

  1. ドライヤーを根本からかける:ドライヤーをかける際はまずは温風で、20cm以上髪の毛の根元から離して、まんべんなく乾かしてゆきます。
  2. 根元から毛先を乾かす:根元が乾いたら、上からしたに降ろすように徐々に毛先を乾かしていきます。
  3. 冷風を当てる:最後は温風から冷風に切り替えて髪の毛全体を当てることで髪にツヤを出しキューティクルを整えることができます。

おすすめのヘアケア方法まとめ

・髪が痛みやすいからこそ、毎日のしっかりとしたヘアケアが髪を美しく保つために大切となってゆきます。
・シャンプーをする前に髪をブラッシングしておくことで洗いやすくなり汚れも落としやすくなります。
・リンスとトリートメント、コンディショナーのどれがいいかと言われると基本的にはトリートメントを使用してヘアケアを行っていくことが望ましい。


いかがでしょうか?何気なく行っている毎日のヘアケアは、髪を美しく整える上では大切なもの。毎日のお手入れに採用してみれば、きっと美しい髪をたもつことができることでしょう。カラーやパーマが当たり前の時代、さらにストレスが溜まってしまえば髪は痛みやすくなってしまいますから、美しくも健やかな髪を保つように出来たら素敵ですよね!