2018年08月17日

改善できない…。しつこい乾燥肌の原因は間違ったスキンケアだった?

乾燥肌とは?あなたの肌質は乾燥肌?

  • 洗顔直後、肌がつっぱることがよくある。
  • メイクのノリが悪い方だ。
  • 肌が乾燥すると粉をふく。
  • 目元や口元の乾燥が気になり、保湿をしっかりしてもすぐにカサカサになる。

この4項目が当てはまるという方は、乾燥肌の可能性があります。顔全体が乾燥しており、皮脂量と水分量が少ない肌質で、肌が荒れやすい・カサカサになりやすいのだとか。
乾燥肌の方はアトピーや大人ニキビを引き起こしやすいとも言われており、乾燥肌に悩む女性も多くらっしゃいます。ただ、乾燥肌対策を頑張って行っているにもかかわらず乾燥肌がなかなか改善されない・むしろ年々ひどくなっていっているようにさえ感じるという方が今どんどん増えてきているみたい!これは早めに何とかする必要性があります。けれど一体、乾燥肌はどう改善したらよいのでしょうか?

お風呂上りに服を着るよりもまず化粧水を塗る。顔やボディにとにかくクリームを塗る。肌をしっとりさせてくれる油分が多い乳液やクリームを塗ると安心する。これ、乾燥肌あるあるのお手入れですよね?ただ、徹底的に気を付けなくては乾燥肌をしっかりと改善することは難しいようです……。なら、一体どんな風にスキンケアを行ったらいいのでしょうか?乾燥肌のスキンケア方法を調べてみました!

乾燥肌でやってはいけない洗顔・スキンケアとは?

調べてみると、乾燥肌に悩んでいらっしゃる方は、間違ったスキンケアを行ってしまうことで肌のバリア機能を低下させて乾燥肌を招いてしまっているという方が多いことが分かりました!でも、間違ったスキンケアって一体何なのでしょう?そこで、乾燥肌に悩む方がやりがちな間違ったスキンケアを紹介いたします。もしかしたら、心当たりがあるスキンケアがあるかもしれません……。

乾燥肌が気になるという方に特に多いのが「肌の擦りすぎ」。ゴシゴシと力を入れて洗ったりタオルドライをするのは当然擦りすぎになりますが、実はそれ以外にも擦りすぎに数えられるスキンケアもあります!下記のスキンケアは、擦りすぎに数えられます。

  1. クレンジングの時、何度もくるくるとと肌を撫ででいる。
  2. ふき取るタイプのクレンジングをよく使う。
  3. お顔にマッサージをしている。
  4. ぺちぺちと叩いたり、抑え込むようにして日焼け止めや化粧水などを塗っている。

いかがですか?「え?これも擦りすぎに入るの!?」というスキンケアがきっとあったのではないかと思います。これらの行動も擦りすぎに数えられるほど、お肌というのはとってもデリケートなのだとわかります。擦りすぎてしまうと、角質層を傷つけて炎症を引き起こしたり保湿力を低下させてしまうようです。
また、スキンケアは頑張るといつの間にか力んでしまい、その力も摩擦になってしまうようです。

また、乾燥肌の方はクレンジングや洗顔の回数が多かったり、濃いメイクをガッツリと落とすことができるクレンジングが好きな方が多いのだとか。そのような方は必然的に乾燥肌になってしまいます。
また、お肌を洗う際は夜だけではなく朝も洗顔料を使ったり、顔をふく際はタオルで顔を抑えるのではなくタオルで拭ったりしてしまう。顔を洗う際のお湯が熱い。こういった方は乾燥肌を引き起こしてしまうようです。乾燥肌だという方は朝はぬるま湯で軽くすすぎ、タオルでそっと抑えて水分を優しく優しく拭きとる洗顔が良いみたいです。

乾燥肌は避けた方がいいクレンジング料・洗顔料とは?

さらに、乾燥肌の方は強いクレンジング料や洗顔料は避けた方がいいようです。乾燥肌の方が洗浄力が強いクレンジングや洗顔料を使ってしまうと肌を守るために必要な天然保湿成分などを、汚れと一緒に洗い流してしまうみたい。
ふき取りタイプとクレンジングオイルはクレンジング料の中でも1位2位を争うレベルで洗浄力が強いため、非常に便利なものではありますが、避けた方がよさそうです。
また、濡れた手でも使えるクレンジング料や、毛穴汚れ・角質汚れまでしっかりと落とせるタイプのクレンジングも乾燥肌の方には強い刺激を与えてしまうのだとか。こういったものは避けるようにしてみてください。

間違ったスキンケア重ねてしまうと、お肌はダメージを受け続けて未熟な角質層を作ってしまいます。ずっと乾燥肌だという方は、もしかしたら上記のようなスキンケアを行っていたのでは?心当たりがあるスキンケアがある!という方は間違ったスキンケアを止めることである程度お肌が回復していくようです!

それでも乾燥肌が回復しない方は、早めに美容皮膚科などを受診し対策をとる必要性があるかもしれません……。

乾燥肌の間違っていたスキンケアまとめ

・乾燥肌は皮脂量と水分量が少なく、肌が荒れやすい・カサカサになりやすい肌質。
・乾燥肌を引き起こす一番の原因は、肌の擦りすぎ。
・がっつりとメイクを落とす濃いクレンジングやふき取るタイプのクレンジングは乾燥肌になりやすい。
・乾燥肌の方は朝の洗顔はぬるま湯で軽くすすぎ、タオルを優しく当てるくらいでふき取る。


乾燥肌は、とにかく肌に優しくなくては何度も乾燥肌を繰り返してしまいます!乾燥肌のスキンケアは、とにかく優しく。を意識してみると改善していくかもしれません。